こんにちは。

 

馬谷です。

 

皆さんの中には、日々家計簿をつけて、節約を心がけていらっしゃる人もおられると思います。

 

家計簿をつけていることで、何にどれくらいの費用がかかっているのか、ひと目で把握できるので、今後の対策も立てやすくなります。

 

ですが、この家計簿は毎月の収支はわかるものの、家計全体が健全かどうかまでは、わかりません。

 

そして、その家計の状況が、今後お金を生む家計なのか、そうではない家計なのかで、未来資産に大きな影響を与えます。

 

今回は、家計全体を把握するために必要なバランスシートと、お金を生む家計の作り方についてみていきましょう。

 

 

バランスシートとは

 

バランスシート(貸借対照表)とは、ある時点での「資産」と「負債」の状況を示したものです。

 

「資産」と「負債」の差額を「純資産」といい、本当の意味での資産といえます。

 

 

バランスシートは、会社の毎年の決算でも作成されていますので、ご存知の方も多いと思います。

 

家計の健全度をはかるには、家計簿だけでなく、このバランスシートが有効です。

 

なぜなら、家計全体の状況が把握できるので、この先も安全に暮らしていけるのかどうかのチェックができるようになるからです。

 

状況が悪い場合は、将来、家計が破綻してしまう可能性もあります。

 

企業も同じで、このバランスシートが悪いと将来倒産してしまうリスクを抱えていることになります。

 

 

現在の「資産」を確認する

 

資産というと、住宅や車、現金などをイメージされると思います。

 

住宅や車の価値は、経過年数によって変わってきますので、その時の価格を資産とみなします。

 

また、株式や保険なども資産に含まれます。

 

個人年金保険や、学資保険などの貯蓄型保険は、解約したときの解約返戻金を資産と考えます。

 

 

現在の「負債」を確認する

 

負債としては、借金しているものが主なので、住宅ローンや自動車ローン、カードローンなどがあります。

 

学生時代に、奨学金を借りていた場合は、その金額も負債にいれておきましょう。

 

 

現在の「純資産」を確認する

 

上記で確認した、「資産の額」から「負債の額」を差し引いた金額が、「純資産」となります。

 

この純資産がプラスであればあるほど、健全ですが、マイナスであれば、将来破綻する可能性があるので、早急に対策が必要です。

 

 

お金を生む資産とは

 

バランスシートの実例をみてみます。

 

以下は、Aさん一家と、Bさん一家のバランスシートです。

 

 

 

どちらも、純資産額は、950万円の黒字になっているので、健全な家計と言えそうです。

 

ですが、未来のバランスシートを考えると、純資産額の差が大きくなっていくと予想されます。

 

なぜなら、Bさんの家計には、お金を生む資産が入っていますが、Aさんの家計には入っていないからです。

 

 

資産の「内訳」をみてみましょう。

 

Aさん一家とBさん一家の純資産は、同じ950万円なのですが、資産の内訳は異なります。

 

Bさんは、Aさんと比べて、預金も少なく、終身保険にも加入していませんが、昔始めた積立投資信託が、500万円まで積み上がってきています。

 

この投資信託こそが、「お金を生む資産」になります。

 

 

Aさんの資産は、定期預金も多くあり、健全ではありますが、預金や保険だけでは、新たなお金を生むことが、ほとんどできません。

 

Aさんの定期預金 500万円を銀行に預け、年率0.2%で運用したとして、10年後には、約508万円です。

 

一方、Bさんの投資信託500万円を年率3%で運用できたとするとどうでしょうか。

 

10年後には、633万円にもなります。

 

銀行に預けていても、あまり増えないのに対して、投資信託で年率3%運用ができれば、何もしなくても130万円分の資産が増えていくことになります。

 

130万円って、大きな金額ですよね。

 

このように、Bさんのバランスシートには、お金を生む資産が入っているため、Aさん一家とBさん一家のバランスシートは、10年後、大きな差になって出てきます。

 

 

貯金だけでは未来に対応できない

 

Aさん一家は、預金が多くあり、突発的にお金が必要になったときは、流動性のある預金はとても便利です。

 

ですが、預金しているままでは、なかなか増えていかないのが現実です。

 

例えば、40歳のCさんが、60歳までの20年間で、老後資金として、1,500万円を貯めるとしましょう。

 

① 月3万円を銀行預金で積み立てると

 

3万円 ✕ 12ヶ月 ✕ 20年 = 720万円

 

1,500万円の半分にも届きません。

 

 

② 3万円の倍、6万円を毎月積み立てると、

 

6万円 ✕ 12ヶ月 ✕ 20年 = 1,440万円

 

これでも、1,500万円には届きません。

 

1,500万円にするには、毎月6万円以上の積立てが必要になります。

 

毎月、6万円以上を積立てていくのは、ある程度の収入がある人でもなかなか大変ですね。

 

 

一方、一定の利率で運用した場合はどうなるでしょうか。

 

以下の表は、20年後に1,500万円を貯めるために必要な毎月の積立額と、年率を掛け合わせたものです。

 

 

年率3%で運用できれば、毎月4万円台の積立額で、5%であれば、毎月3万円台の積立額で、1,500万円の達成が見込めます。

 

 

最後に

 

これまでみてきたように、銀行預金だけで、未来の資産をつくっていくのはかなり大変であることがわかります。

 

そうはいっても、投資信託などを購入して投資していくのは、リスクがあって怖いと思われる方もいると思います。

 

私自身も、当初はそうでした。

 

少しでも元本が減る可能性があるのであれば、「銀行預金で構わない」と思っており、お金が減ってしまう怖さが先立っていました。

 

給料が上がれば、その分、貯蓄に回そうとも考えましたが、給料も上がらないままでしたから、貯蓄にまわすお金がなく、結果、時間だけが過ぎていき、貯蓄が増えていかないという悪循環に陥ってしまいました。

 

昔のバブルと言われた時代ならいざしらず、今は、銀行預金だけでは、まったく増えません。

 

増やしていく方法が他にないのであるならば、リスクを少しとってでも、投資に回して、貯蓄目標を達成していくしかないと考えを切り替えました。

 

お金持ちは別にして、一般の人であれば、多少のリスクはとりながら、貯蓄目標に向かって進んでいくしかないのではないでしょうか。

 

そうでなければ、バラ色の老後を迎えることができなくなっていると思います。

 

お金を増やしていくには、少しでも早く、お金を生む資産をバランスシートに取り入れてみてください。

 

早く始めたほうが恩恵を受けやすくなりますから、有限である時間を効率的に使って、未来の資産を構築していきましょう。