こんにちは。

神戸のファイナンシャルプランナー 馬谷です。

 

最近、新聞や本屋さんで、「人生100年時代の○○」といったタイトルをよく目にするようになりましたね。

 

でも、人間の寿命って「85歳くらいではなかったかな」と思って調べてみると、

 

平均寿命(2016年)は、

女性 87.14歳

男性 80.98歳

 

女性のほうが8年くらい長生きです。

 

この平均寿命には、死亡率の高い幼児期も含まれているので、実際はさらに長生きする人が多いと言われています。

寿命は、徐々に上昇していくでしょうから「人生100年時代」というのも近づいているのかもしれません。

 

誰しも健康で長生きできればいいのですが、生活していくにはお金がかかります。

この100年時代に備えて、準備していくことが大切になります。

 

 

年金はいつからもらえる?

 

現在の公的年金の支給開始年齢をみてみると、

 

男性 昭和36年4月2日以降生まれ

女性 昭和41年4月2日以降生まれ

 

この人たちは、みな、65歳からの支給になります。

 

上記年齢以前に生まれた人たちは、65歳より前に受給開始できますが、今、現役の人たちの多くは65歳からになります。

 

政府は、年金の支給開始年齢を引上げる検討をしており、年齢が徐々に上がっていく可能性が高いと思われます。

 

 

資産をどう準備する?

 

資産を作るには、

 

 

お金を増やす

支出を抑える

もっと長く働く

 

いろいろ方法はありますが、私がおススメするのは、

 

まず、

 

今の会社の制度をしっかりと把握することです。

 

  • 定年は何歳なのか
  • 継続雇用はいつまでなのか
  • 継続雇用になると、給料はどうなるのか
  • 社会保険は加入できるのか
  • 働きながら年金はもらえるのか
  • 退職金はどのくらい出るのか

 

などなど、たくさん出てきます。

 

まずは、これらを確認して、現状把握しましょう。

 

将来が不安だという方に、具体的にどう不安なのか聞いてみると、「なんとなく不安」と感じている人が多いです。

 

 

 

そうした不安を解消するためには、ライフプランの作成が有効です。

 

 

〇歳のころには、収入、支出がどのくらいあり、資産はどうなっているのかなど、今後のライフプランを作成していけば、自ずと不安の正体が見えてきます。

あとは、その不安を退治していけばいいだけです。

 

 

そのライフプランを作成するためには、会社の制度やお給料を把握しておく必要があります。

企業によっては、健康保険制度などで、独自の給付制度を取り入れているところもありますから、もしかしたら、医療保険などは見直しができるかもしれません。

 

 

人生100年時代をどう生きるか?

 

今、スマホは日常生活に欠かせないツールとなりました。

 

スマホの進化を牽引してきたのは、アップル社のiPhoneですね。

初代が発売されたのは、2007年ですから、まだ10年程前です。

 

それが、わずか10年であっという間に、全世界に広がり、人間の生活を一変させました。

わずか10年です。

 

人生100年となれば、このような新しい変革の世界をたくさん見て、体験することができるかもしれません。

 

なにかワクワクしませんか!

 

ですが、100年生きていくには、どうしてもお金は必要になってきます。

 

準備するのに遅いことはないです。

まだまだ間に合います。

 

ご自身のライフプランを作成し、課題を見つけ、修正していく。

 

それが、人生100年を生きるための、近道です。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。