こんにちは。

馬谷です。

40代で子供が生まれると気にかかるのは、子供の教育資金ですが、同時に自分の老後のお金を貯めることができるのだろうかと心配になりますね。

私は、40代半ばで子供が生まれましたので、もし子供が大学まで行くと考えれば、70歳手前までは働いて収入を得ないと、教育資金を生み出すことができません。

晩婚化の影響もあって、私と同じような状況の人も最近は増えてきました。

会社員の人であれば、40~50代が、もっとも収入が多くなる時期です。

40代で子供が生まれると、収入は多くあるので、どうしても子供にお金をかけてしまう傾向にあります。

子供の将来のためだから、教育費にたっぷりかけてしまい、自分の老後はなんとかなるだろうと思っていると、老後資金は危うくなります。

そのまま経過すると、待っているのは、老後破産です。

老後破産のニュースを見て、他人事と思い、準備を怠っていると、明日は我が身になってしまうかもしれません。

そうならないために、どうしたらいいか、今回は、子供の教育費に対する考え方についてみていきましょう。

40代の家計収入

40代で子供が生まれた人にとって、子供は愛おしく、これからの成長を楽しみにしておられると思います。

その一方で、今後の教育費や老後のお金のことは気になってくると思いますが、40代は収入が増える時期で、手元にお金はあるので、先のことは、その時に考えればいいと、先延ばしにしていないでしょうか。

手元にお金が多いと、子供のためという大義名分があるので、洋服や食べ物なども、ワンランク上の商品を買ってしまいがちです。

ひとつひとつの金額は小さくても、それらが積み重なっていくと、大きな金額に膨れあがっていきます。

「先のことはなんとかなる」という考え方は、私も嫌いではなく、どちらかというと、このタイプかもしれませんが、お金については、急にどこからかわいてくることはないので、事前の準備がとても大切です。

ぜひ、今から対策をとっていきましょう。

子供の教育費 VS 自分の老後資金 どちらが大切か

もちろん、どちらも大切ですが、私は、自分の老後資金に比重をおいたほうがよいと考えています。

教育費で一番お金がかかるのは、大学進学時ですが、そのとき、親は60歳の定年を迎えており、再雇用されていたとしても、収入は激減している時期です。

ですが、奨学金の利用や、子供にアルバイトをしてもらう方法もあり、なんとか乗り越えていけるのではないでしょうか。

自分の老後にお金が足りなくなり、子供から援助してもらうようなことになれば、子供に負担をかけますし、そのほうが親としては辛い気持ちになると思います。

ちなみに、金融広報中央委員会による「老後における生活資金源」の調査では、子供などからの援助は、全体の4%くらいのようです。

親としては、教育に多くのお金をかけることで、偏差値の高い大学へ進学し、大手企業へ就職、高い収入を得て、家族を持ち、幸せに暮らして欲しいと願うものかもしれませんが、お金をかければそのとおりになるとは限りません。

お金をかけ、期待をかけすぎるというのも、子供にとって幸せなのかどうか。

いずれにせよ、自分の老後もしっかりと考えた上で、教育費にお金をかけていくことが必要です。

子供が18歳になるまでに貯めておく金額

私のように親が60歳以降に子供が大学を卒業する場合、「大学にかかる費用の全額」を目標に貯蓄していきましょう。

大学にかかる平均的な費用は次のとおりになります。

自宅下宿
国立(4年)523814
私立文系(4年)683953
私立理系(4年)8181088
私立短大(2年)356496

大学教育費総額(単位 万円)<セールス手帖社保険FPS研究所「ライフプランデータ集(2017年版)」>

つまり、子供ひとりあたり、500万円~1000万円が目標額になります。

子供が大学在学中に、親が定年を迎え収入が激減し、学費が出せなくなる可能性が高いため、それまでに大学費用は用意しておく必要があります。

子供の誕生後、毎月 32,000円を18年間、定期預金に積み立てていけば、大学の平均並の学費 700万円を用意することができます。

積み立てが、どうしても難しい場合は、奨学金を借りる、子供にアルバイトをしてもらうことで補っていく方法を考えていきましょう。

さらに追加で必要となる費用

私は、キャリアカウンセラーとしても活動しており、企業のキャリア研修でマネープランの相談業務にも携わっています。

50歳を対象にした研修で、よく相談されるのが、親御さんの介護問題です。

40代後半から50代になると、親御さんも高齢になるので、身体的なことや認知症の問題など、介護にかかる費用が発生する可能性も高くなってきます。

40代で子供が生まれた場合、教育費だけでなく、この介護費用の負担も追加で発生してきますから、早い段階で、親御さんとコミュニケーションを取り、お金の問題を話し合っておくことも大切です。

お金を増やすことを考える

費用が発生することばかりをみてきましたが、お金を増やすことも少し考えてみましょう。

会社員としての給与は、毎月決まっています。金額は会社が決めるものですから、自分の力だけで増やしていくことはできません。

では、家計のお金を増やしていくにはどうするか。

その方法のひとつが投資です。

投資であれば、自分の力で増やしていくことも可能です。

例えば、つみたてNISAを利用して、毎月 1万円の投資信託を購入し、3%の利率で運用していくと、18年後には、約286万円になります。

投資額は、216万円ですから、約70万円の利益になります。

お金を増やしていくには、他にも株の購入や、副業で増やしていくことも考えられます。

副業は、認めていない会社もまだまだ多いですが、給与が増えないのであれば、自分で増やしていく方法も検討していきましょう。

最後に

子供が誕生し、成長していく姿をみることは人生の楽しみのひとつだと思います。

どの親でも、子供に教育をしっかりと受けさせて、「将来、自分の力で生きていける人間になってもらいたい」と思うのは当然です。

そのために、教育にお金をかけてあげたい気持ちもよくわかります。

ですが、高齢になれば、自分の老後資金のことも、しっかり考えていかなくてはなりません。

将来、老後破産となり、子供に負担をかけないためにも、40代から老後を含めたライフプラン考え、目標を決めて、行動していくことが大切です。

そして、ライフプランは、定期的に見直していきましょう。

定年後の働き方も、今から考えておけば、準備する時間は十分ありますね。

子供だけでなく、ご自身も充実した人生を送るため、早めに準備に取り掛かることをオススメいたします。