こんにちは。

 

馬谷です。

 

ホームページでお金に関するページを見ているとよく「複利」という言葉を目にしませんか。

 

私はファイナンシャルプランナーの勉強を始める前、複利ってどんな効果があるのかよくわかっていませんでした。

 

勉強し始めてようやくその効果がわかったのですが、この複利の効果はとてつもなく大きいです。

 

貯蓄を増やしていくに当たって、複利は大切な要素になりますから、今回は、この複利についてみていきましょう。

 

 

単利と複利の違い

 

銀行にお金を預けると利息がついて、その分自分のお金が増えますね。

 

この利息のつけ方には2種類あって、「単利」 と 「複利」 があります。

 

単利は、ついた利子が元本に組み込まれませんが、複利は、ついた利子が元本に組み込まれます。

 

例として、

10,000円(年率3%)を5年間預けたケースで計算してみましょう。

 

(計算式)

①単利の場合

 

預金額✕金利✕預けた年数=利息の総額

10,000円 ✕ 3/100 ✕ 5年=1,500円

 

 

 

 

②複利の場合

 

{預金額 ✕(1+金利)預けた年数}- 預金額=利息の総額

{10,000 ✕ (1+3/100)}-10,000円=1,593円

 

<単利と複利の差額>

年           単利(円) 複利(円)        差(円)

1            10,300     10,300            0

2            10,600     10,609            9

3            10,900     10,927            27

4            11,200     11,255            55

5            11,500     11,593            93

 

 

単利と複利の差をみてみると

 

5年間で、93円の差になりました。

あまり大きな差はないですね。

 

 

では、100万円ではどうでしょうか。

 

年           単利(円)             複利(円)             差(円)

1            1,030,000            1,030,000               0

2            1,060,000            1,060,900            900

3            1,090,000            1,092,727            2,727

4            1,120,000            1,125,509            5,509

5            1,150,000            1,159,274            9,274

 

5年間で、9,274円の差になりました。

 

 

1,000万円ではどうでしょう。

 

年           単利(円)             複利(円)             差(円)

1            10,300,000          10,300,000          0

2            10,600,000          10,609,000          9,000

3            10,900,000          10,927,270          27,270

4            11,200,000          11,255,088          55,088

5            11,500,000          11,592,741          92,741

 

5年間で、92,741円の差になりました。

 

このように、元本が増えるにつれて差が大きくなっていきますね。

 

 

 

さらに、元本1,000万円を、20年預けてみるとどうでしょう。

 

 

年           単利(円)             複利(円)             差(円)

1            10,300,000          10,300,000                    0

2            10,600,000          10,609,000              9,000

3            10,900,000          10,927,270             27,270

4            11,200,000          11,255,088             55,088

5            11,500,000          11,592,741             92,741

6            11,800,000          11,940,523            140,523

7            12,100,000          12,298,739            198,739

8            12,400,000          12,667,701            267,701

9            12,700,000          13,047,732            347,732

10          13,000,000          13,439,164            439,164

11          13,300,000          13,842,339            542,339

12          13,600,000          14,257,609            657,609

13          13,900,000          14,685,337            785,337

14          14,200,000          15,125,897            925,897

15          14,500,000          15,579,674          1,079,674

16          14,800,000          16,047,064          1,247,064

17          15,100,000          16,528,476          1,428,476

18          15,400,000          17,024,331          1,624,331

19          15,700,000          17,535,061          1,835,061

20          16,000,000          18,061,112          2,061,112

 

 

20年間では、単利と複利の差が、200万円を超えてきます。

 

このように、複利の運用は、元本の大きさと、預け入れ期間の長さ、そして年率によって、効果金額が大きく変わってきます。

 

 

単利と複利のシミュレーション

 

例えば、40歳から60歳まで、20年間(年率3%) で1,500万円を貯めるシミュレーションをしてみます。

 

タンス預金だと、

 

毎月62,500円の積立が必要です。

 

 

では、単利ではどうなるのでしょうか。

 

計算してみると、

 

毎月50,400円の積立が必要です。

 

 

では、複利ではどうでしょうか。

 

毎月48,900円の積立になります。

 

 

こうしてみれば、タンス預金しておくより、どこかの金融期間に預けるか、投資したほうがよいことがわかります。

 

(毎月積立額)

タンス預金 毎月62,500円

単利    毎月50,400円

複利    毎月48,900円

 

 

単利と複利で比較すると、

 

月額の差は、1, 500円になります。

 

この金額だけを見ると、それほど差がないように思われるかもしれませんが、預金にしても投資にしても、単利ではなく、複利を選び、あとは何もすることなく、金額が増加していくのであれば、複利を選択したほうが得ですね。

 

 

では、毎月48,900円を20年間(年率3%)でシミュレーションして、単利と複利の増え方の差をみてみると、次のようになります。

 

 

(税引後の金額)

 

 

単利と複利の増え方の差は、20年間で、約46万円にもなります。

 

 

40歳から、1500万円貯められるか

 

40歳から60歳までの20年間で、1,500万円を貯めるためには、年率3%、複利運用で、毎月48,900円を積み立てていく必要があります。

 

銀行預金では、3%のような年率は難しいので、別の手段で行う必要があります。

 

私の一番のおススメは、「確定拠出年金制度」を使って、投資信託を購入して投資していくことです。

 

確定拠出年金については、こちらでお伝えしていますので、ご覧になってみてください。

 

【40代】退職金なしの会社に勤める人が、今から老後資金を準備する方法

 

 

「3%で運用するなんて無理でしょう」という声が聞こえてきそうですが、

 

企業年金連合会の平成28年の調査によると確定拠出年金加入者の平均運用値は、2.9%になっているので、無理な数字ではありません。

 

確定拠出年金制度を使わなくても、直接投資信託を購入して、分散投資していけば、リスクを減らしていくこともできます。

 

 

最後に

 

どのような投資方法を選ぶにしても、複利運用で、できるだけ早く始めることで効果が大きくなります。

 

未来資産を構築するなら、目標を立てて、できるだけ早く行動していきましょう。

 

投資をするのが心配な場合は、最初は数千円の少額から始めて、徐々に増やしていけばいいのではないでしょうか。

 

複利の効果を最大限に活かしていきましょう。